上海問屋、USB充電器の電圧・電流を調べられる「QC3.0対応 USB電圧・電流チェッカー」を発売


上海問屋はUSB充電器の電圧や電流を手軽に確認できる「QC3.0対応 USB電圧・電流チェッカー」を発売した。充電器と充電ケーブルの間に本製品を加えるだけでチェックできる。タイマー充電や過電圧/過電流保護機能モードを搭載。直販価格は1,299円。
上海問屋チェッカー 上海問屋チェッカー
製品名: QC3.0対応 USB電圧・電流チェッカー(直販価格1,299円)
メーカー名:上海問屋(株式会社ドスパラ)
問い合わせ先:donya@twave.co.jp、03-4332-9631

 株式会社ドスパラが運営する上海問屋は、USB充電器の性能を調べられる「QC3.0対応 USB電圧・電流チェッカー」の出荷を開始した。USB充電器の出力電圧や電流を手軽に確認できる、USBメモリー型のチェッカーだ。

 充電器とケーブルの間に本製品を中継させることで、本体が備える液晶ディスプレイに現在の電圧や電流が表示される仕組み。そのほか、設定時間を過ぎる充電をオフにする「タイマーモード」、過電流や過電圧が生じると充電をストップする「電流保護機能モード」「電圧保護機能モード」を搭載する。本体が備える端子形状はUSB Type-Aで、上下の区別がないリバーシブルタイプ。外形寸法は幅24.5×奥行き71×厚さ14mm、重量は15g。測定可能範囲は電圧が4~30V、電流が0.5~5Aまで。

 USB充電器の電圧・電流を確認可能なチェッカー。仕様通りの性能かどうかを調べるのに使うほか、充電でトラブルがあった場合に充電器の不良かケーブルなのか、問題の切り分けをするのにも役立つ。ただ、最近は充電器もケーブルも安価なため、確認するより買い替えた方が速いという話も。