選べる装着感は15通り! エレコムのBluetoothヘッドホン「LBT-HPC21」シリーズ


エレコム株式会社から、フィット感を自在に選べるワイヤレスヘッドホン「LBT-HPC21」シリーズが登場する。スマートホン用という「LBT-HPC21MP」と、AV機器用という「LBT-HPC21AVBK」の2タイプを展開。5組のイヤーアームと、3組のイヤーキャップが付属し、合計15種類の装着感が試せる。6mm径の外磁型ダイナミックドライバーを採用。出荷は8月下旬。予想実売価格は、どちらも5,920円前後。
LBT-HPC21MP
LBT-HPC21MPBK(ブラック)
LBT-HPC21MP
LBT-HPC21MPRD(レッド)
LBT-HPC21AV
LBT-HPC21AVBK
 
製品名: LBT-HPC21MP(予想実売価格5,920円前後)
製品名: LBT-HPC21AV(予想実売価格5,920円前後)
メーカー名:エレコム株式会社
問い合わせ先:0570-084-465

 2017年8月8日、エレコム株式会社はBluetooth接続のワイヤレスヘッドホン「LBT-HPC21」シリーズを、同年8月下旬に出荷すると発表した。スマートホン用の「LBT-HPC21MP」と、AV機器用の「LBT-HPC21AVBK」の2モデルを用意。LBT-HPC21MPは、本体カラーにブラックとホワイトの2色がある。

 イヤーアームやイヤーピースの組み合わせで装着感を変えられるのが特徴。イヤーアームは耳の凹凸にフィットする「Aタイプ」が3種類、耳介(じかい、耳の出っ張り)に引っ掛ける「Bタイプ」が2種類付属。イヤーピースはサイズが異なる3種類が用意され、合計15種の組み合わせから好みのフィット感が選べる。

 どちらのモデルも、スマートホンなどでの通話に適するマイクや、音楽の再生/停止、ボリューム調節などができるリモコンを装備。電源はバッテリー式。2時間のフル充電時で、最大7時間の連続再生に対応した。iPhoneでの利用時には、iPhoneの画面に本製品のバッテリー残量が表示される。ヘッドホンの後部には磁石が備わっており、使わない場合はヘッドホン同士を繋げておける。

 ネオジウムマグネットを採用した6mm径のダイナミックドライバーユニットを搭載。振動板に6μのPETフィルムを採用したり、ハウジングにアルミニウム合金を採用したりするなど、音質や音のレスポンスの向上にも注力している。ヘッドホンの外形寸法は幅23×奥行き16×高さ23mm、重量は15g。ヘッドホン間のケーブル長は55cm。充電用のmicroUSBケーブルが付属する。

 装着感を調節できるヘッドホン。というかカナル型イヤホンに近い形状。イヤーピースが3種付属は一般的でも、イヤーアームが5種類付属するのは珍しい。連続再生時間は最大7時間とスタミナも十分。マイクを搭載しているので通話もOK。Bluetooth接続でコードも邪魔にならない。外に持ち出すヘッドホンは、コレを選んでおけば問題ナシと思えるほどの完成度だ。6,000円弱という価格は、個人的には妥当な印象。