プロユースのゲームコントローラー「Panthera」がRazerから登場


RazerからPS4、PS3、PCに対応したアーケード型コントローラー「Panthera」(パンテラ)が登場予定。国際的なゲーム大会の優勝者も手にした実績を持つという、プロゲーマー仕様だ。三和電子製の部品を使用して信頼性や耐久性を向上。ボタン一つで開閉できるキャビネット採用したことで、メンテナンス性も抜群だ。出荷は7月28日。予想実売価格は2万7800円。
製品名: Panthera(予想実売価格2万7800円)
メーカー名:Razer
問い合わせ先:MSY株式会社(game-support@msygroup.com、048-934-5003)

 2017年7月20日、高性能なゲーミングデバイスを出荷するRazerは、アーケード型コントローラー「Panthera」(パンテラ)を、同年7月28日より出荷すると発表した。大規模なゲームの国際大会「Evo 2017」の「ストリートファイターV」部門優勝者も使用した実績を持つという、本格志向のコントローラーだ。

 対応機種はPS4、PS3、WindowsPC。パソコンで使う場合はドライバーソフトのインストールが必要だ。ボタン数は12個に加え、PS4接続の場合にメニュー操作などができるタッチパッドボタンを装備。このほか、コントロールスティックスイッチ、PS4/PS3スイッチロック/ロック解除スイッチなどを備える。

 アクションボタンやジョイスティックのパーツには、ゲームセンターに置かれるゲームきょう体と同じ、三和電子製の部品を採用。業務用さながらの耐久性や信頼性、入力への反応速度を確保したという。ボタンなどを手軽に交換したり、メンテナンスをしやすくするために、本体の天板をボタン1つで開けられる機構を備えたのも魅力的だ。インターフェースはUSBで、ケーブルは本体から取り外せる。ケーブル長は3m。スティックを含む外形寸法は幅380×奥行き262×高さ167mm、重量4.5kg。

 ゲームコントローラーに2万7000円という値段設定。高過ぎる!と感じる人が多いだろう。だが、実際のゲームプレーヤーであれば、この性能でなら手頃な価格と思うはず。とにかく、勝つための機能と工夫を組み込んだ逸品であり、それは勝敗に影響するほどと言っても大げさではないレベル。ゲーマーにとってデバイスは命そのもの。勝ちに行くなら、多少、張り込むぐらいが丁度いい。